酵素サプリメントに副作用はあるの?

酵素サプリメントの副作用について

酵素サプリメントって、酵素はもともと自然界にもある成分だから安全って意識があるけど、サプリメントには副作用などはないのでしょうか?
MENU

酵素サプリメントに副作用はあるの?

酵素サプリメントに副作用はあるの?

 

酵素サプリメントの副作用について心配する人は決して少なくありませんが、
これについては用法用量を守っている限りは基本的に無いと言って良いでしょう。

 

 

もともと酵素というのは人の身体の中で食物の消化や皮膚の新陳代謝といったことに関わっている存在であり、
人体に存在していることが不自然であるということはありません。

 

 

もともと体内にある酵素の量を経口摂取で増加させるだけであれば問題が起きる可能性はかなり低いですし、
現在市販されている酵素サプリメントの多くは化学合成によって作られたものではなく、
食品由来の酵素を原料にしていますから、副作用については基本的に無いわけです。

 

 

ただ少々注意をするべきケースもいくつかあり、
まず特に注意が必要なのが食物アレルギーを有している人の場合です。

 

 

酵素サプリメントは食品由来の酵素を利用しているため、もし食物アレルギーがあり、
そのアレルギーの原因になるような食品を酵素サプリメントが使用していた場合にはアレルギー反応が出てしまうリスクがあります。

 

 

そのためもしアレルギーがあると分かっているのであれば、
服用前に原材料をしっかりチェックするか、かかりつけの医師に相談するなどをしてから飲み始めた方が良いでしょう。

 

 

次に注意をするべきとなるのが、酵素サプリメントを服用し始めてから下痢や腹痛といった症状が出てきた場合です。

 

 

こういった症状に対して「好転反応なので気にする必要はありません」と説明する人もいるのですが、
実際にはサプリメントの成分が身体に合わずに副作用的に体調不良が生じている恐れもあります。

 

 

もし症状が長引いてしまう場合には好転反応として考えるのは少々楽観的にすぎますから、
酵素サプリメントの服用を初めて腹痛や下痢といった不自然な症状が続いた場合には服用を中断し、
医師に相談することをおすすめします。

 

 

 

このページの先頭へ